作品中で言及されている資料について、写本、刊本の該当個所をネット資料によって紹介しています。ウェブ上に公開されている資料があればリンクを張り、適当な資料がない場合は複写画像を桃山堂サイトに置いています。

★の数字は、紙の書籍のうえでの通し番号です。

リンク資料の多くは、国立国会図書館のものです。字が小さい場合は、「フルスクリーン表示」をクリックしてください。それでも読みづらいときは、虫眼鏡マークの拡大機能を使うか、プリントアウトしてみてください。


第一章

★1  櫻井氏作成系図

★2  青木氏関係資料

★3   御器所と祭祀土器『尾張志』

★4   筑阿弥入夫の事『太閤素生記』

★5  筑阿弥入夫の事『平豊小説弁』

★6  瑞龍寺蔵 木下家系図 

      『豊太閤と其家族』

★7  秀吉父方系図『系図纂要』

★8  秀吉曾祖父の事『南坊録』

★9  福島正則父親の事『落穂集』

★10 小出秀政の事『多聞院日記』

★11 大坂の陣、小出氏を気遣う家康

    『野史』

★12 青木一矩の事『祖父物語』

★13 大蔵卿の事『慶長日件録』

★14 淀殿の死亡年齢『翁草』

★15 大野治長の死亡年齢『土屋知貞私記』 

★16 木村重成の最期、秀頼薩摩落ちの事

    『胆大小心録』

★17 福島正則伝『古今武家盛衰記』  

★18 福島正則伝『藩翰譜』 

★19 加藤清正娘の婚儀『当代記』

★20 秀頼の実子の事『大坂御陣覚書』

★21 お江と秀勝の結婚『太閤素生記』

★22 秀勝娘の婚儀『慶長日件録』 

★23 秀次の隠し子『駒井日記』

★24  秀吉の母方祖父は刀鍛冶の説『豊太閤と其家族』

★25 秀吉母方系図『諸系譜』 

★26 杉原家系図(おねの実家)『寛政重修諸家譜』

★27 木下家系図(おねの実家)『寛政重修諸家譜』

 

 

第二章

★28 下河辺長流は秀吉の甥?『摂津名所図会』

★29 大坂の陣、淀殿、大砲に驚愕す

     『武徳編年集成』

★30 豊津稲荷と秀頼『摂津名所図会』

★31 浦賀城攻め、後藤又兵衛の活躍

        『真書太閤記』

★32 「水」をめぐる神道者の論考『類聚神祇本源』

★33 同上『神道由来記』


第三章

★34 『飛雲閣之記』

★35 非左右対称の美の実例『立花秘伝書』


第四章

★36 淀殿の見た悪夢 『秀頼事記』

★37  大坂城の怪談『金城聞見録』

★38 秀吉臨終の場面『大坂物語』

★39 『沓手鳥孤城落月』 「糒庫の場」(51以降)

 

第五章

★40 大坂城の能舞台『日本西教史』

★41 太閤能「北条」『謡曲評釈』

★42 伏見城で新作能を披露『三壺記』

★43 『桐一葉』片桐邸奥書院の場」


第六章 

★44 瓢箪馬印の詳述『片桐家秘記』

★45 秀吉の馬印『信長記』

★46 関白秀次への譲渡『鹿苑日録』 

★47 石田三成と瓢箪馬印『武功雑記』

★48 大坂の陣についての昔語り『おきく物語』 

★49 大坂の陣と瓢箪馬印『常山紀談』


第八章

★50 大坂の名水の事『摂陽奇観』

★51 土木工事の現場で汗を流す前田利家『利家夜話』

★52 同上、および背景解説『石川県史』        


あとがき

★53 大神神社につながる豊臣秀次の系図

『三輪叢書』所収「三輪高宮家系」


■リンク先について

『立花秘伝書』は国文学研究資料館(所蔵は弘前市立図書館)、『おきく物語』は国立公文書館、『沓手鳥孤城落月』 は早稲田大学図書館、『石川県史』はTRC-ADEAC(自治体史・歴史資料検索閲覧システム)、『野史』はグーグルブックス、それ以外は国立国会図書館のネット公開資料です。桃山堂ウェブサイトの上に画像をはっている写本の多くは、国立公文書館の所蔵資料を使わせていただいています。                                       

数年まえまでは、一部の研究者しかアクセスできなかったような江戸時代、明治時代の書物が次々にネット上に公開され、一般の人たちも読めるようになっています。私たちをとりまく読書環境の変化を踏まえて、リンクによる注釈・参照資料をつくってみました。『豊臣女系図』の電子版では、本文テキストからこれらの資料にリンクを張っています。