「図書新聞」らしいディープな書評をしていただきました。評者は評論家の植田隆さんです。

 

「本書における「秀吉の系図研究」が、わが列島と半島を結ぶ歴史的時間を浮き上がらせていくことは、わたしの個人的な関心事でいえば、いまや定説になりつつある継体天皇のルーツを考究することと同じ位相を持っていると言いたい。そして、さらにいえば、秀吉の命を受けて清正が朝鮮出兵を任されたというのも、なにか「血」が惹きつけた宿命なのかもしれないと本書から喚起されて、了解の地平へと辿り着くことになる」